歯科医院様のWithコロナ対策をサポートする
多機能予約システム【Apotool&Box】(アポツール)

安心安全な院内環境へ。
非対面型予約システムのご紹介

世の中では「非対面」「接触機会の減少」が求められるようになっています。
既にその動きが各所で広がってきており、宅配便の非対面受け取りや、
在宅勤務への移行物流支援にロボットを活用したり等・・の動きが開始されております。

【Apotool&Box】(以下アポツール)では今後のWithコロナ対策として
歯科医院様、来院される患者様双方にとって
安心安全な院内環境の構築のための、新たな4つの提案をご案内いたします。

アポツールで実現する
これからの時代に必要な4つの機能

  • キャッシュレス決済キャッシュレス決済
  • 遠隔診断遠隔診断
  • 事前問診事前問診
  • 受付電話転送受付電話転送

提案1歯医者さんでもキャッシュレス

新型コロナの影響で、紙幣や硬貨を直接、手で受け渡しすることに
抵抗感を示す人々が増えてきました。
アポツールのキャッシュレス決済機能「ささっとPay」は
患者様の診察券アプリから決済を完了させるので接触感染の防止につながります。
また会計のための待ち時間を軽減することができるので、
待ち合い室での密を避けたオペレーションが可能となります。
歯医者さんでもキャッシュレス

提案2Web問診でスマート診療

現在初診時のみ受付で記入している問診票も
来院毎に患者様のスマホで問診を入力することが可能です。
この機能で体温や体調、海外渡航歴を事前にチェックし、
感染リスクの高い患者様をスクリーニングします。
また紙の問診票やボールペンの受け渡しによる接触感染を防止するだけでなく、
受付での待ち時間の軽減にも繋がります。
Web問診でスマート診療

提案3自宅に居ながらオンライン診療

現在のような緊急事態宣言下や外出自粛中でも診療が可能となります。
初診の患者様はWEB予約ページからオンライン診療を選んでいただくことができます。また既存の患者様はアポツールの画像管理ツールメディカルBOXと患者様の診察券アプリで口腔内の画像や動画をやりとりすることができます!
来院が難しい状況の中でも患者様の口腔内の健康を守ります。
自宅に居ながらオンライン診療

提案4受付業務をテレワーク

アポツールはクラウド型のシステムなので在宅勤務でも予約管理が可能です。
医院への電話をスタッフの携帯に転送し、在宅で受付業務ができます。
医院への出勤や人との接触を最小限に抑えることが可能となり、
スタッフ、患者様の安全を守ります。
受付業務をテレワーク

IT導入補助金が使えます!

アポツールですが、本年度のIT導入補助金を利用して導入が可能です。
IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)とは、
ITツールを導入しようとする事業者に対して、
ITツール導入費用の一部を補助する制度です。

今回のIT導入補助金では、
新型コロナウイルス感染拡大防止のための対策に取り組む事業者を
優先的に支援するため【特別枠(C類型)】が創設されました。

非対面型ビジネスモデルへの転換、
テレワーク環境の整備のためITツールを導入する事業者に対してかかる経費の3/4が補助されます!
初期導入費や初年度利用料を抑えて、賢く導入いただく事が可能です。

補助金申請には申し込み締切があります

IT導入補助金の申請には締切があり、
すでに第1次~第7次の申し込みは締め切られています。
申込みが早いほど採択率が上がる傾向にあるため、
導入をご検討の方は早めのお申し込みをおすすめしています。

[終了]第3次申し込み締切・・・2020/06/19(金)
[終了]第4次申し込み締切・・・2020/07/03(金)
[終了]第5次申し込み締切・・・2020/07/24(金)
[終了]第6次申し込み締切・・・2020/08/24(月)
[終了]第7次申し込み締切・・・2020/09/14(月)
[終了]第8次申し込み締切・・・2020/10/12(月)
[New!]第9次申し込み締切・・・2020/12/11(金)

– 補助対象経費 –

ストランザ申請プラン例

Apotool & Box アカウント発行費 150,000円
レセコン連携費
ストランザ側作業費
150,000円
訪問導入サポート
別途出張費が発生いたします
100,000円
診察券アプリ 初期導入費 300,000円
Apotool & Box 年間利用料 216,000円
Intelligence 年間利用料 144,000円
診察券アプリ 年間利用料 120,000円
お会計さん 年間利用料 42,000円
SMS 年間利用料 24,000円
初年度経費合計(税抜) 1,246,000円

今なら、補助金利用で
負担額31万円で
Apotool & Boxが
1年間使用できます!

※IT補助金を利用して本システムを導入された場合、解約に際して条件が発生する場合がございます。詳細はお問い合わせください。

導入の流れ

  1. 1
    フォームよりお申込み
    当ページのフォームからのお申込みいただきます
  2. 2
    担当者よりご連絡
    日程調整・ヒアリング
    ストランザ株式会社の担当者より、日程調整とヒアリングでお電話させていただきます
  3. 3
    ご訪問
    デモンストレーション
    ご訪問させていただき、オンラインデモで実際の動きや出来る事をご案内させていただきます
  4. 4
    アカウント発行
    初期設定
    ご契約後はアカウント発行をし、レセコン連携や診療内容の登録など初期設定のご説明をさせていただきます。
  5. 5
    ご利用開始
    使い方のご説明をさせていただき、医院様にて実際のご利用開始となります。
    ※4~5には3週間ほどお時間を頂戴しております。

サービス料金

Iプラン経営強化したい医院様に
Apotool & Box 18,000円
Intelligence 12,000円
SMS 2,000円
32,000円/月
Sプランコミュニケーションを
充実させたい医院様に
Apotool & Box 18,000円
診察券アプリ 10,000円
SMS 2,000円
30,000円/月

こちらから、お問い合わせください

サービスに関してご不明な点がございましたら下記フォームよりお問い合わせください。
2営業日以内に担当者よりご連絡させていただきます。

医院名 必須
電話番号 必須 - -
お電話可能な時間帯 必須
ご担当者様名 必須
メールアドレス 必須
ユニット数 必須
レセコンメーカー 必須
受付に専任のかたはおられますか? 必須
現状のアポイントの管理方法 必須
開業して1年以上経過していますか? 必須
訪問が可能なご日程の候補
今回のメルマガで興味を持たれた部分

to top